TOPページ > 基礎知識 > 乾燥肌のメイクアップ方法

乾燥肌を招かない!加速させない!メイクアップのワンポイント

ここでは、乾燥肌タイプにお勧めのメイク方法コスメアイテムをご紹介します。

■コットンパックをしてからベースメイクを
朝の忙しい時間にパックなんてする時間がないと思われるかもしれませんが、コットンパックは化粧水をたっぷりと含ませたコットンを肌に5~10分程度のせるだけですので、ヘアセットの時間などを活用すれば簡単にできます。

コットンパックをしたあとにクリームできちんと保湿したあとにベースメイクをすると、化粧のノリもよくなりますのでお勧めです。

■美容オイルを活用する
ベースメイクの前に肌全体に美容オイルを塗ると皮脂と同じような働きをしてくれますのでお勧めです。
また、ベースやリキッドファンデーションに1滴混ぜるだけで伸びがよくなり、美容液ファンデーションのような効果を発揮してくれますのでお勧めです。

■パウダータイプを使う
パウダータイプは乾燥するからと避ける人が多いです。
確かにパウダー自体は水分を吸収しやすい性質がありますが、メイクをする前に美容液や保湿クリームでしっかり保湿をしていれば、問題なく使えるでしょう。

リキッドタイプは、粉状の顔料を液体の中になじませるために、乳化剤という界面活性剤を使用して作られています。
合成の界面活性剤の場合、肌への浸透性や残留性が強いので肌に刺激を与えてしまいます。

一方、パウダータイプは、肌の刺激になる界面活性剤を使用していなく、固形物なので肌に浸透するということがほとんどありません。特に乾燥肌によって肌が敏感になっている時期は、パウダータイプの使用をお勧めします。

【おすすめポイントメイク】
■アイメイク
アイシャドウなどを塗る前に、スキンケアとしてアイクリームを使ってしっかり保湿をしておきましょう。アイクリームが肌になじむ前にメイクをするとヨレたりしてしまいますので、アイクリームがしっかり肌になじんでからメイクをするようにしてください。

■リップ
リップクリームや口紅用の下地などを塗ってから口紅を塗るようにしましょう。
また、香料が添加されていないものを選ぶのもおすすめです。

▲ページトップに戻る