TOPページ > 基礎知識 > 乾燥肌のスキンケア方法

乾燥肌に悩む人は、製品選びとスペシャルケアに一工夫しましょう!

乾燥肌スキンケアとして、クレンジング・洗顔以外に気を付けたいポイントをご紹介します。

保湿成分が高い化粧品を選ぶ
乾燥肌を改善するには何といっても保湿が重要になります。
コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分を含んだ化粧品を選びましょう。
また、化粧水や美容液を塗った後はかならずクリームなどでその水分が蒸発しないように肌に閉じ込めることが大切です。

美容オイルを取り入れる
美容オイルは直接肌に塗ると皮脂と同じような働きをしてくれますのでお勧めです。
使い方も様々で、化粧水のあとに塗るのが一般的な使い方ですが、化粧水の前にブースターとして、また美容液やクリームに混ぜて使うのもお勧めです。

人気のオイル成分としては、オリーブオイル、ホホバオイル、スクラワンなどのオーガニックオイルです。

クリームパック
クリームパックの方法は、洗顔後の清潔な肌の上に、手持ちのクリームをたっぷりと塗って、10分程度放置する簡単なものです。

これだけでも効果はあるのですが、クリームパックの効果をさらに上げるためには、パックをしている肌の上に、化粧水をたっぷりと含ませたコットンを置き、コットンパックをすることがおすすめです。
さらに、コットンパックをしたら、それらの成分が蒸発してしまわないように、サランラップでふたをして顔を覆います。10分程度そのまま放置して、終了です。洗い流す必要がないので、そのまま肌になじませましょう。

バスタイムスキンケア
乾燥肌の場合、長時間の入浴は避けたほうがいいのですが、入浴剤など保湿成分が高いものを選び、入浴後は全身クリームなどで保湿すれば問題はありません。

また、入浴中に浴室の蒸気を利用してシートパックや、コットンパックなどをすると化粧品成分の吸収率が上がるのでお勧めです。入浴中は汗をかきますのでコップ1杯の水を飲みながら入浴することもポイントです。

▲ページトップに戻る