TOPページ > 基礎知識 > 乾燥肌のクレンジング・洗顔方法

乾燥肌に悩んでいる人はメイク落としや洗顔を一工夫しましょう!

乾燥肌の際、スキンケアで気を付けたいことの一つとして、クレンジング・洗顔が挙げられます。

なぜならばクレンジングや洗顔によって必要な皮脂まで洗い流してしまうため、乾燥肌の原因とも考えられているからです。
乾燥肌の際は、クレンジング・洗顔によって必要な皮脂まで洗い流さないようにするため、方法や種類に気を付けることが大切です。

乾燥肌の際に気を付けるクレンジング・洗顔のポイントをご紹介します。

■オイルクレンジングはなるべく避ける
オイルクレンジングは数あるクレンジングの中で最も洗浄力のあるタイプです。
その分、必要な皮脂まで洗い流してしまうことがありますので、肌が乾燥しているときは、なるべく避けたほうがいいでしょう。

■強くこすらない
これまでオイルクレンジングを使っていた方が、乾燥肌をきっかけにクリームやミルクタイプのクレンジングに変えると、メイクが落ちている実感がオイルタイプに比べると得られず、また、オイルタイプよりも洗浄力が低いため無意識に肌を強くこすってしまうことがあります。このようにして物理的に刺激を与えることも角質層にダメージを与えてしまいますので、優しくマッサージするようにクレンジング・洗顔をしましょう。

■熱いお湯で洗顔しない
お風呂のお湯など、熱めのお湯で洗顔をすると、皮脂を取り過ぎてしまう可能性があります。また、冷たい水も、メイクなど落としきれていない可能性がありますので、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

■ダブル洗顔不要タイプなどを試してみる
ダブル洗顔は不要だという美容専門家の方などもいるように、最近注目を集めているのが、ダブル洗顔不要クレンジングです。

ダブル洗顔不要タイプですと、クレンジング、洗顔と2度にわたって皮脂を洗い流す必要がなく、きちんとメイクなどを洗い流すことができますので、乾燥がひどい方などは1度試してみることをおすすめします。

▲ページトップに戻る