TOPページ > 基礎知識 > インナードライ肌(脂性乾燥肌)とは?

インナードライ肌(脂性乾燥肌・オイリードライ)ってどんな症状?

乾燥肌は肌がカサついたりゴワつく、粉を吹くなどの肌の状態を一般的には言いますが、実は乾燥肌にはインナードライという状態があります。

インナードライとは、インナー=内側の乾燥ということですが、わかりやすく言うと「オイリー肌や混合肌に見えて実は乾燥肌だった」という肌の状態のこと言います。

インナードライの場合は、肌の表面上、皮脂が多く分泌されているため、混合肌やオイリー肌と肌の状態とよく似ていますが、角質層の水分量は少ないので、オイリー肌などと間違ったスキンケアをしてしまいがちです。

インナードライの原因は、通常の乾燥肌と同様、肌のバリア機能のメカニズムが上手く働かないことにあります。
バリア機能が低下すると角質層から水分が蒸発してしまい、それを阻止しようと、皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。これがインナードライという肌状態を作り出す原因だと考えられています。

そして、過剰に分泌された皮脂はテカって見える原因です。また、過剰に分泌された皮脂が肌に残って毛穴に詰まると酸化してしまい、黒ずみやニキビの原因にもなります。

皮脂は皮脂膜をつくる重要な役割を果たしますが、酸化した皮脂によって作られた皮脂膜はバリア機能として十分に働くことができず、角質層の水分をどんどん蒸発させてしまうという悪循環を作ってしまいます。

このようにバリア機能のメカニズムが働かなくなってしまうのは、紫外線の浴びすぎや、洗顔のしすぎなどによって、角質層に刺激を与えすぎることが考えられています。

インナードライの肌の特徴として、皮脂があるにも関わらず、触ると皮膚が固くゴワついている、毛穴が開いているなどが挙げられます。

間違ったスキンケアは、インナードライを悪化させてしまいますので、きちんと肌の状態を知って、正しいスキンケアをすることが大切です。




▲ページトップに戻る