TOPページ > 基礎知識 > 乾燥肌と大人ニキビの関係

大人ニキビの原因には、体質・季節の乾燥肌が密接に関係しています。

乾燥肌大人ニキビ吹き出物)は一見無関係な肌トラブルのように感じます。ニキビは皮脂の分泌量が多い脂性肌の人が抱える悩みというイメージが強いものです。

しかし実際には乾燥肌の場合にも大人ニキビは発生することがあります。

大人ニキビ発生する原因はいくつかあります。

まず、肌が乾燥していると角質層が固くなってしまいます。角質層が固くなると毛穴が狭くなってしまうのですが、これが原因の一つです。

毛穴が狭くなっていると、洗顔の際に汚れを落としづらくなってしまいます。そのため毛穴の汚れが放置されてしまい、ニキビが発生するのです。

特に冬場になると乾燥肌になる方は注意が必要です。乾燥が気にならない時期に詰まった毛穴の汚れが冬になってトラブルの原因となる可能性があります。

もう一つの原因としてバリア機能の低下が考えられます。
皮脂の量が足りず、水分不足に陥っている乾燥肌は同時にバリア機能も低下しています。そのため外からの雑菌やウイルスの侵入に弱く、大人ニキビの原因になってしまうのです。

また、バリア機能が低下していると大人ニキビは治りづらく、悪化させてしまうなどの悪循環を招くこともあります。

そのほかにはストレスや疲労の蓄積による肌の乾燥が便秘や不眠などのトラブルをもたらし、それが大人ニキビといった形で現れる場合もあります。

ニキビがあったり、皮脂が十分に分泌されているため、オイリー肌だと思っている方がいるかもしれません。それはもしかした大きな間違いかもしれません。
次に、インナードライという肌タイプについてお話します。

▲ページトップに戻る