TOPページ > 基礎知識 > 加齢による乾燥肌の原因

年齢を重ねるごとに誰でも乾燥肌になってしまう可能性があります。

年齢を重ねるごとに肌の水分量が低下し、乾燥肌になってしまいます。

「乾燥肌=エイジング肌の証拠」とも言われていますが、なぜ、年齢を重ねると肌の水分量が低下してしまうのでしょうか。その原因として以下のようなことが考えられます。

バリア機能の低下
先ほどご説明したバリア機能である、皮脂膜、角質層の細胞間脂質は年齢とともに低下してしまうことがわかっています。

加齢によって第1のバリア機能である皮脂の分泌量が減少してしまうことで外部からの刺激を角質層へダイレクトに伝えてしまいます。これによって、角質層内部に細胞間脂質であるセラミドなどが減少してしまうのです。
細胞間脂質は、角質細胞同士をつなぎ止める働きと角質層の水分を保つ重要な役割を果たしていますので、減少してしまうと、角質層の水分量が減ってしまい、角質細胞の重なりが乱れ、ガサつきやゴワつきのある肌を作ってしまうのです。

このような状態は、第2のバリア機能としてうまく働くなり、角質層の下にある真皮まで侵入してきた紫外線などの外部の刺激を伝えてしまいます。

真皮には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの保湿成分が存在しているのですが、紫外線などの刺激を受けると減少してしまい、乾燥肌になってしまいます。
また、これらも年齢とともに生成されにくくなってしまうため、加齢とバリア機能の低下のダブルパンチによってますます低下してしまい、水分量が低下してしまうのです。

ターンオーバーの異常
年齢を重ねるとターンオーバーのサイクルが乱れてしまうことがわかっています。
ターンオーバーは通常平均28日周期で行われる肌の新陳代謝ですが、年齢を重ねるごとに長くなってしまいます。
このサイクルが長くなってしまうと、古くなった角質が肌に留まり、「角質の壁」をつくってしまい、化粧水などによる水分補給がきちんと吸収されなくなってしまい、乾燥肌を引き起こしてしまいます。

また、ターンオーバーが乱れると、NMFが生成されにくくなってしまうので、角質層の水分量が低下してしまいます。するとバリア機能が低下してしまうことにつながってしまい、上記のような現象が起こってしまうなど乾燥肌の悪循環を繰り返すのです。

エストロゲンの減少

年齢をかさねると女性ホルモンであるエストロゲンが減少してしまいます。
エストロゲンは体内の水分量を増やす働きや、保湿成分コラーゲンの生成などと深い関わりがありますので、減少することによって乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

▲ページトップに戻る