TOPページ > 基礎知識 > 乾燥とは?

乾燥肌は体質だけではなく、様々な原因で起こります。

乾燥肌は、何らかの原因で肌の皮脂分泌量の低下したり、角質細胞間脂質などの減少により角質の水分含有量が低下している状態です。

肌の水分は、発汗、不感蒸泄で減少し、体の内側または大気中の水分により供給され、肌の保湿は皮脂、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質によって保たれていますが、乾燥肌の場合はこのどちらか、もしくは両方ともうまく働くなっています。そして、このようにして乾燥した肌は、表面のうるおいがなく、柔軟性がなくなりもろくなっています。

乾燥肌には、年齢、体質、気候、環境やライフスタイルなどの要因が関係しています。また腎不全・粘液水腫・栄養障害、ビタミンA欠乏症など全身の病気から生じることもありますので、単なる乾燥肌と放置しておくのは美容面だけでなく健康面からも危険ですので、注意しましょう。
ほかにも、遺伝的に角質細胞間脂質の一種セラミドが少ないアトピー性皮膚炎や角化異常を生じる魚鱗癬も乾燥肌を生じる原因のひとつです。

乾燥肌の中でも気を付けたいのが皮脂欠乏症です。

皮脂欠乏症は、皮膚の表面の脂が減少することにより皮膚の水分が減少して、乾燥を生じてしまう病気です。中高年者の手足、特に膝(ひざ)から下によくみられ、皮膚がカサカサしてはがれ落ちたり、ひび割れたりします。

誰でも年をとってくると、程度の重い軽いはありますが、皮膚の乾燥が生じてきます。特に女性の方が男性よりやや早い年代から起こってくるようです。軽い皮脂欠乏症は、病気というより生理的な変化といえるかもしれません。

皮脂欠乏症は多くの場合痒みを伴うため、掻いてしまい、赤みやひび割れなどの急性湿疹を生じると皮脂欠乏症湿疹と呼ばれ、医師のもとでの治療が必要になります。放置すると、夜中に目が覚めるほどのかゆみから、掻きむしるようになり、皮膚がごつごつした慢性湿疹に変化していく場合もありますので、かゆみが強く、赤みがある時は早めに皮膚科を診察するようにしましょう。

また、乾燥すると通常弱酸性に保たれている皮膚のpHがアルカリ性に傾き、細菌が繁殖しやすくなります。髪や衣服が触れる程度の軽い刺激でかゆみを感じる、使い慣れた化粧品で赤くなるなど、刺激に対して敏感になります

▲ページトップに戻る